注文住宅の情報はここから!

注文住宅は安心感のある施工会社におまかせ

注文住宅は安心感のある施工会社におまかせ 注文住宅を建てるのであれば、安心できる施工会社に依頼することが大切だと言えます。
設計やデザイン性の相談はもちろんですが、費用やローン、住み始めてからのメンテナンスまでまかせることになるケースがほとんどなので、信頼できない相手であれば不安を抱えることになるでしょう。
地元で長年愛されている、実績が多いなどの特徴がある場合は、丁寧な対応や確かな技術を期待できる可能性が高いです。
注文住宅は簡単に建てることができるわけではなく、打ち合わせから引き渡しまでは何度も話し合いを行う必要がありますし、引き渡し後も定期的なメンテナンスなどで関わり続けることになります。
少しでも信用できない部分があれば長く付き合い続けることが困難になるので、施工会社を選ぶ段階で安心できるかどうかチェックしておくことが大事です。
このような点に気をつけた上で選ぶようにしておくと、後悔することがない住まいづくりを行えるようになるでしょう。

注文住宅を建てる時は公的な建築条件を満たしていることの確認が必要

注文住宅を建てる時は公的な建築条件を満たしていることの確認が必要 注文住宅は間取りや設備、資材などを施主が自ら指定して自分の好み通りに建てることができる住宅です。
ただ、たとえ十分な予算があったとしても、理想を100%実現できるとは限りません。
というのも、住宅は私有財産であると同時に地域社会を構成する公共財の一種であるため、防災や防犯、近隣との円滑な関係の構築などの観点からさまざまな法律上の規制が設けられているからです。
そのため、建築時にはそうした規制に適合しているかどうかをあらかじめチェックしてもらう必要があります。
これを建築確認申請といいます。
建築確認申請は、これから建てようとする建築物が法律や条例に定めた要件をクリアしているどうかを審査するために行います。
個人住宅の中には申請が不要な場合もありますが、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の2階建て住宅や木造3階建ての住宅、都市計画区域内の木造2階建て住宅などはすべて該当します。
この申請を行わずに注文住宅を建てると、罰則が適用されます。
また、申請内容と異なる住宅を建てた場合も同様です。
撤去を求められたりすることもあるので注意が必要です。

新着情報

◎2020/11/27

ハズせないこだわり・不要なこだわり
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

自分でできるDIYアイデア
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「住宅 安心」
に関連するツイート
Twitter